防災用品 制震オフィス 不動王 JECOM株式会社

 

 

>
>
震度7対応のダンパー機能付制振器具

震度7対応のダンパー機能付制振器具

ダンパー機能付制振器具の特性

従来の「固定式」ではなく、「振動吸収方式」の家具転倒防止器具

 家具転倒器具を導入する上で大切なポイントは、いかに壁紙を破らず地震に耐えることができるかです。
 多くの地震対策用品は「固定方式」となっています。地震波の違う建物と家具を直接固定しているので、正しく設置されていないと、勢いよく離れて飛び出てしまう危険性があります。

 ダンパー機能付制振器具は、建物から家具へ伝わる地震の「振動を吸収」します。壁や家具にかかる負荷が軽減されるため、粘着方式で震度7対応が可能です。

 
 

 

 
 
  UR都市機構技術研究所にて、阪神淡路大震災の再現波で震度7の実証実験済み。
  東日本大震災で観測された長周期地震動にも対応しています。
衝撃吸収ダンパーが縦と横の揺れを吸収し転倒を防ぎます。

 

 

 固定式器具との比較

高強度ロープと衝撃吸収ベルトが転倒・暴走を防ぎます。

 

製品詳細ページへ

衝撃吸収ダンパーが縦と横の揺れを吸収し転倒を防ぎます。

 

製品詳細ページへ

特殊エラストマーが衝撃を吸収・緩和します。

粘着性の高い特殊エラストマーが、重心の高いテレビや家具をぴったり接着。エネルギーの方向に自在に変形し、衝撃を吸収・緩和します。

 

製品詳細ページへ